CONTENTS
サイト内検索(by Google)

税理士の専門分野である税法とは

税金にはいろいろな種類があり、それぞれ法律があります。法律で定められていない税金は課されることはないのですが、その法律がある税金だけでもたくさんあります。その多種多様な税金には、それぞれ違ったルールや処理があるため、個人ですべてを把握して対処していくことは非常に困難です。そのために、税の専門家というものを法律で定めて、その人がいろいろな個人の人を税金の専門家としてサポートするというような環境がセットされました。この役目を担うのが税理士です。

税理士が精通している(それぞれ得意不得意分野はあるでしょうが)税金の種類は、個人が利益を得た場合にその所得に対して課される所得税、法人が利益を獲得した場合にその所得に対して課される法人税などの収得税と呼ばれる税金や、相続が発生した場合に、被相続人から相続人に移転する財産の無償移転に対して課税する相続税や、他人に物などをあげた場合にもらった方が得をしているためこれに課税する贈与税など、財産税と呼ばれる税金もあります。

Copyright (C)2017初学者向け 税理士試験「簿記論」の学習方法.All rights reserved.