CONTENTS
サイト内検索(by Google)

確定申告書作成を税理士に頼む

事業を経営している人は、個人事業であれば所得税や消費税など、会社であれば法人税や消費税などの確定申告書などの納税申告書を、納税義務が免除されるような場合を除いて、一定の申告期限までに提出する必要があります。これらの申告書は、当然自分で(会社であれば社内で)作ることは全く問題ありませんが、税法の細かい規定などわからないという場合も多いです。よほど大きな事業規模で経営しているところでなければ、自前の従業員で申告書作成ができるスキルを持っている人を雇うというのは難しいかもしれません。

個人事業であっても従業員がいない状態など、小規模で経営している間は作成もそんなに大変ではありません。消費税も納税義務が免除される場合がほとんどでしょう。しかし、事業規模が大きくなると、税務の処理も難しくなりますし、その税の専門家を雇う余裕まではないかもしれません。

費用のいる話なので、なかなか簡単には決められなくて当然の話だと思います。いろいろなお試しを利用するということは重要なことだと思います。意味がないと思うかもしれませんが、実は意味のあることなのです。税理士さんに相談するということは自分の悩みがなくなるという意味だけでも非常に価値があるのです。まずは、無料の相談会に行ってみて、税金の特徴等の知識を深めることも必要ではないかと思うのです。それが重要です。

Copyright (C)2017初学者向け 税理士試験「簿記論」の学習方法.All rights reserved.