CONTENTS
サイト内検索(by Google)

確定申告は税理士を頼っています

年始には確定申告とうものがあり、自分で申告しなければ過払いの税金が返ってこないという日本の制度があります。そもそも確定申告できるかできないかを知る事から難しいと感じる人がいるかもしれません。そして、確定申告自体が難しいものだという印象を持っている人も多いかと思います。税制により、次年度の支払わなければいけない公共料金が決まる可能性がある人もいますので、しっかりと把握し確定申告をしなければいけません。税制で決まる公共料金というのは、例えば、保育園の保育料などの事を指しています。

確定申告が必要なサラリーマンとはどのような人かというと、扶養者の年収が多かった人や、扶養者でない人の収入が少なかった人、年内の医療費が10万円を超えた人、その他の条件もあるかもしれませんが、大抵はこの程度だと思います。特別な要件としては、住宅を購入した人というのが挙げられます。そして、実際の確定申告の仕方ですが正直、難しいです。私は、確定申告ができる時期を早めに調べ、税務署に赴き、手取り足取り、税理士指示通りに確定申告を行っています。時期を調べるのは、確定申告ができる時期が2パターンあるからです。1月下旬から可能な申告と2月から可能な申告です。2月の申告は人が多くなりますので確定申告を行う場合は、行く時間帯などを考えた方が良いです。税務署の税理士は堅いイメージがありますが、親切で対応丁寧だと印象を持っています。自分が確定申告をしなければいけないのか、という事も含めて相談するのも一つの手です。

そんな時は、税理士にその申告書の作成を依頼することになるでしょう。他士業の一部を除いて、国税等の確定申告書を他人に成り代わって作成できるのは税理士だけです。税理士法という法律で定められており、独占業務とされています。以前は、一律料金だった時代もありましたが、今は自由に料金設定されていますので、安いところ高いところいろいろあります。そして、その税理士の能力にも大きな差があります。信頼できる税理士を探すということも実は経営の重要な一部なのかもしれません。

Copyright (C)2017初学者向け 税理士試験「簿記論」の学習方法.All rights reserved.